HomeBrewメモ

flutterの環境構築に必要っぽかったのですが、使ったことが無かったので少し調べました。

HomeBrewとは

Wikipediaによると...

Homebrew(ホームブルー)は、macOSオペレーティングシステム上でソフトウェアの導入を単純化するパッケージ管理システムのひとつである。

パッケージ管理システムとは

ざっくりまとめると

  • 関連するライブラリなどまとめたものを、インストールやアンインストールできるもの
  • ここでいうパッケージは、売っているパッケージソフトとは違うもの

HomeBrewは具体的には何ができるの

コマンドでパッケージのインストールなどが行えます。

インストールしたものの一覧表示
$ brew list

注意点:パッケージがインストールされていても、HomeBrew以外でインストールされた場合、このコマンドでは表示されません。

brewコマンド一覧表示
$ brew help
コマンドの詳細を知りたい時。
$ brew install パッケージ名

上記のコマンドからパッケージ名を入力せずに実行すると、installコマンドの詳細が得られます。
このようなコマンドは、パッケージ名などを入力しないことで詳細を得られます。
ちなみに、HomeBrewではパッケージのことを[FORMULA]と記載します。

インストールできるパッケージ(FORMULA)は?

公式ホームページのここから検索できるようです。
Homebrew Formulae

MacにGitをインストールしてGitHubを使ってみる

まだ使ってないという時代遅れを取り戻す為にもGitHubを使いましたのでそのメモを残します。

GitコマンドをMacで使えるようにする

Gitをインストール

以下のサイトでGitをダウンロードしてインストールします。

Git - Downloads

ターミナルで確認します。

git --version
git version 2.15.1

このようにバージョンが表示されたのであれば、インストール完了です。

GitHubのアカウント登録

GitHubを使うにはアカウントを登録する必要があります。
https://github.com/

GitHubにコードをアップロードする

GitHubリポジトリを作る


リポジトリとはGitでファイルを管理する為の場所です。
これが無いとGitでのファイル管理ができません。

まず + をクリックして NewRepositoryをクリックします。


f:id:mtntmyk:20180127162310p:plain



すると以下のような画面が表示されます。
名前を入力して CreateRepository をクリックすることで作成できます。
f:id:mtntmyk:20180127162745p:plain


  • Repository Name

リポジトリの名前です。

  • Description (optional)

リポジトリの説明です。

リポジトリの公開範囲です。
Publicは誰でも見ることができます。
Privateは見るユーザを制限できますが、有料になります。

  • Initialize this repository with a README

READMEを作成するか否かを選択します。

  • Add .gitignore

ラッキングの対象外にするファイルを指定できるみたいです。
参考 [Git] .gitignoreの仕様詳解 - Qiita


  • Add a license

リポジトリに対してライセンスが設定できるみたいです。
参考 githubでライセンスを設定する - Qiita


GitHubで管理できるようにフォルダを設定する

ローカルリポジトリ作成

GUIを使用したい場合はGitのサイトに一覧があるので、そちらから気に入ったのを使用して見ると良いでしょう。
Git - GUI Clients

私も普段は GUI Clientを使用していますが、勉強も兼ねているので今回はターミナルで操作します。
"SingleViewTest" が今回対象となるフォルダです。

cd /Users/UserName/Desktop/SingleViewTest
git init

cdコマンドで対象のフォルダまで移動して、git init で初期化しています。
フォルダを確認すれば .git というフォルダが作成されていることを確認できます。
f:id:mtntmyk:20180128103300p:plain

ちなみに .git のフォルダは非表示フォルダなので、Windows なら表示オプションから表示設定を行い、Mac なら [Shift] + [command] + [.(ドット)] ボタンで表示/非表示を切り替える必要があります。

ユーザ名とメールアドレスをgitに登録

GitHubに登録した メールアドレスとユーザ名を使用して登録します。

git config --global user.email メールアドレス
git config --global user.name ユーザ名

"--global" オプションを使用することで、他のリポジトリにも上記ユーザ名とメールアドレスを適用できます。

管理するフォルダ/ファイルを指定

git add コマンドを使用します。
.(ドット)は現在のディレクトリから新規作成/変更されたファイルを全て対象とします。

git add .
コミット

指定したので、次はコミットです。
git commit だけでもコミットは可能ですが、 -m "コメント" を追加することで、コメントをつけてコミットすることができます。

git commit -m "First Commit"
プッシュ

GitHubにファイルをプッシュ(アップロード)します。

git remote add origin https://github.com/XXXXXXXX/XXXXXX.git
git push -u origin master

このコマンドは https://github.com/XXXXXXXX/XXXXXX.git の文字列に origin という名前をつけるコマンドです。

  • git push -u origin master

このコマンドは origin を master にプッシュするコマンドです。
"-u" のオプションを指定することで、今後は以下のコマンドで origin を master にプッシュできます。

git push

自宅でサーバー構築した際のメモ

何をどうすれば良いのだろうか?

→まずはサーバーの構成からと思います。

条件
  • 言語は使った事がないけどPHPを使ってみたい


→XAMPPが良さそう!


その他のよくある構成については、以下のリンクにあります。
LAMP(Linux+Apache+MySQL+PHP/Perl/Python)とは - IT用語辞典

Ubuntuのインストール

isoファイルの取得

以下のサイトのからダウンロードします。

Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロード | Ubuntu Japanese Team

今回はバージョン16.04をダウンロードします。
ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso(ISOイメージ)

isoファイルを使用してUSBをUbuntuインストールUSBにする

isoをUSBに焼くのにもっと便利なのがあるのかもしれませんが、
MACを使用しているので、ターミナルから実行します。

USBをMS-DOS(FAT)形式でフォーマットします。

  • diskutil eraseDisk MS-DOS UNTITLED /dev/disk2

ダウンロードしたISOファイルをUSBに書き込みます。

  • sudo dd if=ファイルのパス/ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso of=/dev/disk2 bs=4028

以上でインストールUSBの作成は完了です。

インストール方法

インストールしたいPC(今回は使っていないiMac)にUSBを刺して後はインストールウィザード通りに進めれば完了です。

XAMPPインストール

UbuntuのPCは既にありますのでOSインストールは省きます。
今回は簡単にインストールできるパッケージ(LINUX向け)を使用します。

XAMPP Installers and Downloads for Apache Friends

f:id:mtntmyk:20180121090041p:plain

xamppインストールファイルの実行

Windowsなどのようにダブルクリックではインストーラーを実行できません。
アプリなどを入れれば使えるのかもしれませんが、ターミナルから実行します。

ターミナルの起動

Ctrl + Alt + T

ターミナルからの実行

chmod +x xampp-linux-x64-7.2.1-0-installer.run
sudo ./xampp-linux-x64-7.2.1-0-installer.run

chmod ファイルパーミッションの変更で、 +x はファイルの実行を許可します。
sudo 管理者権限でのファイル実行です。


実行すればインストールウィザードが立ち上がるのでそこからは
ウィザード通りに進めればインストールは完了です。

インストールの確認

インストール先は以下のフォルダに一通りインストールされています。
./opt/lampp

XAMPP サービスの起動

コンソールから実行します。
sudo /opt/lampp/xampp start

止める時には以下のコマンドです。
sudo /opt/lampp/xampp stop

サーバーとして起動しているかの確認

ブラウザを立ち上げて以下のアドレスを入力して、Welcome to XAMPP が表示されれば完了です。

http://localhost/

Objective-cのヘッダーファイルでtypoした話

今後絶対にやってはいけない・・・

メソッドをヘッダーファイルに定義して、外部から読み出しを行っていましたが、
エラーで「Signal SIGABRT」が出てしまいました。

原因は
  • ヘッダーファイルで大文字始まり
  • メインファイルで小文字始まり

これってエラーにはならないんですね。
外部から読み込む分にはビルドエラーにはならずに、実行時にプロセス中断エラーになります。
なぜだろうかと結構悩んでしまったので、残しておきます。

習慣化するという話

習慣化することで生活を変えたい

少し前にブログを毎日書いて見ようとしましたが、流石に無茶でした。
その他運動などのスケジュールも作ってこなしていたのですが、結局は体調を崩して続きませんでした。

なので、一週間に一度、月曜になるまでに一本記事を書くこと。
あと運動なども無理の無い程度に習慣化します。

一週間に一度やること
  • ブログを書く
毎日やること
  • 通勤以外で30分のジョギング(風邪をひかないよう雨の日は自宅で有酸素運動
  • 腕立て伏せなど休憩を交えながら30分
  • 7時間30分の睡眠
  • 通勤時に10分英語勉強のアプリを使う
  • 胃腸の不調が集中力に影響するので、食事も消化が良くGI値が低いものをメインにする(週に1日好きなものを食べる)
  • コーヒー(カフェイン)は月に一度にする

objective-c と swift のメモ書き

最近両方修正しているのでメモを


  • objective-cを書ける人ならだいたい似たような感じでswiftかける気がします
  • 技術者としてはobjective-cの人が多い気がします
  • objective-cをswiftに置き換える技術は多い気がします

お世話になっている作業用BGMサイト達

作業BGMとしてよくお世話になってます。

クラシック(ネットラジオ) クラシック音楽専門の無料で聴けるインターネットラジオサービスを紹介。交響曲をはじめ、室内楽、オペラ、などジャンルからも選べます。 -音楽関連サイトリンク集 MUSIC-STYLE


"作業用 BGM"で検索したり"lofi hip hop radio - beats to relax"でライブ配信を聞いたりしてます。
YouTube


ゲーム配信サイト、作業用BGMとしても好きです。
Twitch